4月, 2017年

講演会・セミナー

Print This Post

 

 

会長就任挨拶 

Print This Post

 このたび、加藤林也前会長の後任として愛知県病院協会会長に就任致しました。当協会は「医療法による病院使命の達成のための各種の調査研究を行い、病院医療の向上を図り、県民福祉の増進に寄与する」ことを使命として掲げ、県下各地域において県民医療を担っている222病院が設立母体の異同を超えて結集した組織です。昭和49年に設立されて以来、今日に至るまで会員ならびに歴代役員が使命達成にむかって努力を積み重ね、前会長が過去三年間、精力的に推進された当協会の運営に、遅滞遅延が生ずること無きよう、職責を果たしてまいる所存です。

 

 未曾有の超高齢社会を迎えた我国にあって、医療と介護の需要が最大となる時期やその程度、又その受け皿となる病床や人員など医療介護に活用できる資源については地域によって事情が大きく異なるため、医療介護のあり方を地域ごとに考えてゆく「ご当地医療、ご当地介護」の必要性が指摘されています。人口動態に基づく将来予測では、愛知県の多くの地域では全国的にも需要の伸びが大きい反面、その受け皿となる医療・介護資源が不足する、全国的にも最も厳しい地域と見なされており、その需要の頂点は2035年頃であると推計されています。我国の社会保障制度をめぐる厳しい情勢のなかで、この頂点に向かってつづいてゆく険しい坂道を、病院医療に携わる私達は、あるべき姿をもとめて前進し続けることが求められております。

 

 平成29年は各都道府県医療計画の策定年にあたり、平成30年は国民福祉の行方を左右する医療・介護に関わる重大イベントが目白押しの年です。愛知県病院協会がその存在感を大いに発揮して県民福祉の増進に寄与する使命を果たすことができるよう、病院協会の会員病院の個々の充実と発展無くして愛知県の医療を守ることは出来ないとの信念に立って行動してまいります。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

一般社団法人愛知県病院協会 会長 浦田士郎  

                                                  

過去のお知らせ

    --一般社団法人 愛知県病院協会--

Copyright© 2011 愛知県病院協会 公式ホームページ All Rights Reserved.