6月, 2014年

日本病院会愛知県支部 規約

Print This Post

日本病院会愛知県支部規約

第 1 条
この支部は、一般社団法人日本病院会定款施行細則第13条の規定により日本病院会愛知県支部と称する。

第 2 条
この支部は、事務所を愛知県医師会館、一般社団法人愛知県病院協会内におく。

第 3 条
この支部は、愛知県内の一般社団法人日本病院会会員病院の一致協力により、病院の向上発展、地域医療の推進と相互の連絡及び提携をはかり地域社会の福祉増進に寄与することを目的とする。

第 4 条
この支部は、前条の目的のため、次の事業を行う。
一   病院相互の連絡協議と地域活動に関する事項
二   病院職員の資質・能力向上に関する事項
三   病院施設の充実並びに管理・運営の改善に関する事項
四   病院経営の改善に関する事項
五   一般社団法人日本病院会選挙規定による代議員の選出に関する事項
六   一般社団法人日本病院会所定の人間ドック施設認定のための予備調査に関する事項
七   県下医療行政の協力に関する事項
八   一般社団法人日本病院会諸事業の窓口業務に関する事項
九   その他目的達成に必要な一切の事項

第 5 条
この支部の会員は次の通りとする。
A 一般社団法人日本病院会の会員
B その他本会の事業に賛同し、将来一般社団法人日本病院会会員となる者

第 6 条
この支部に次の役員をおく。
支部長1名
副支部長 2名
理 事15名以内(支部長、副支部長を含む)
監 事 2名(但し、理事を兼ねる事はできない。)

第 7 条
支部長、副支部長は理事の互選とする。
2 理事、監事は、総会において選任する。

第 8 条
役員の任期は、一般社団法人日本病院会役員の任期と同じくする。但し、再任を妨げない。
2 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員は、辞任した場合、又は任期満了の場合においても、後任者が就任するまではその職務を行わなければならない。

第 9 条
支部長は会を代表し、会務を掌理する。
2 副支部長は、支部長を補佐し、支部長事故ある時は支部長が予め定めた順序により、その職務を代理する。
3 理事は、会務を処理する。
4 監事は、会の経理を監査する。

第 10 条
この支部に顧問及び参与をおくことができる。
2 顧問及び参与は、この支部に功労があった者又は学識経験者のなかから、理事会の推薦により支部長がこれを委嘱する。
3 顧問及び参与の任期は、役員の任期と同じとする。
4 参与は、会議に出席し、意見を述べることができる。

第 11 条
この支部の総会は、年1回開催し、役員会は必要の都度開催する。

第 12 条
この支部の経費は一般社団法人日本病院会の助成金、会費、参加費及び寄付金その他をもってこれに充てる。

第 13 条
この支部の会費は年額とし、研究会等の参加費はその都度実費負担とする。

第 14 条
この規約に定めない事項は、一般社団法人日本病院会定款を準用する。

第 15 条
この支部を円滑にするため事務員をおくことができる。

第 16 条
この規約は総会の承認を経なければ変更することができない。

附  則  この規約は昭和61年11月25日より施行する。
附  則  この規約は平成8年7月16日から施行する。
附  則  この規約は平成19年7月17日から施行する。                                      附  則  この規約は平成24年7月17日から施行する。

日本病院会愛知県支部 内規

Print This Post

記念品贈呈に関する内規

退任記念品
1.3期以上役員を務めたものが役員でなくなったとき、記念品を贈ることができる。
2.記念品額は1期当たり1万円相当額とする。
3.1期は2年とし、1年を超えた在職は一期とみなす。
4.原則として任期終了直前に開催される理事会の席上で贈与する。
附則.この内規は、平成19年7月17日から施行する。                                   附則.この内規は、平成25年5月21日から施行する。

 

日本病院会愛知県支部 規約細則

Print This Post

日本病院会愛知県支部規約細則

日本病院会愛知県支部規約第14条に定める細則を次のように定める。

(会費)                                                          第1条 規約第13条による会費は、次の定める額とする。

A 一般社団法人日本病院会の会員 年額20,000円

B その他本会の事業に賛同し、将来一般社団法人日本病院会の会員となる者 年額20,000円

2 事業年度の途中で入会した会員の当該年度の会費は次の算式による月割計算の額とする。ただし、                1,000円未満は切り捨てるものとする。

会費(20,000円)☓(入会した月以降翌年3月までの月数/12ヶ月)

3 すでに納付された会費は、その理由の如何を問わずこれを返還しない。

 

附則  1.この細則は、平成26年7月1日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

 

 

 

Copyright© 2011 日本病院会 愛知県支部 All Rights Reserved.